FAQ

よくある質問
まとめました。

アルバイトについて

アルバイトは何時間できますか?

学校の授業があるときは、「週28時間」です。夜勤、日勤は関係ありません。学校が夏休みや冬休みのような長期休業期間では「1日8時間週40時間」です。

どのようなアルバイトがありますか?

まだ日本語が上達していない場合は「食品関係の工場」で働く人が多いです。日本語が上達するにつれて「コンビニ・レストラン」などで働くことができます。やはり、日本語ができない場合には希望するアルバイトは難しいところがあります。そのためにも1日もはやく日本語が上達するように努力することが大切です。

出願について

海外の日本語学校から生徒を受験させたいときどうすればいいですか?

初めて当校への出願の場合は、まずはこのWeb Siteの「Contact us」から必要事項を記入して送信してください。
後日、入試担当者からメールにてご連絡いたします。初めての学校からのお電話でのお問い合わせは、すぐに対応できないので、申し訳ございませんが、ご遠慮ください。

入学試験はありますか?

入学試験はあります。個人でも団体でも出願に必要な書類を提出していただいたのち、面接試験と筆記試験を行い、合否を決定いたします。日本国内に在住の場合は、学校内で行いますが、海外からの出願の場合は、インターネット接続環境がある学校か自宅で「Skype」によりリモートで面接試験を行います。筆記テストは直前にメールで送りますので、印刷して実施してもらいます。後日、合否連絡をいたします。

出願の受付と締切はいつですか?

4月生(基礎1年コース・進学1年コース)は、前年の10月から11月中旬ごろまでです。

10月生(進学1.5年コース)は、4月から5月中旬ごろまでです。

学校について

どこの国の留学生がいますか?

中国、ベトナム、シンガポール、インドネシア、ミャンマー、ネパール、バングラデシュ、スリランカ、インドなどです。その中でもベトナム、ネパール、バングラデシュの学生が他の国よりも多いです。

寮について

寮は学校からどれくらいの距離にありますか?

学校の敷地の中に男子寮が1つと女子寮が1つあります。もちろん建物は別で、女子寮に男子が入ることは禁じられています。
また、学校まで歩いて3分ぐらいのところへ男子寮が1つ、歩いて10分ぐらいのところへ女子寮が1つあります。
寮は学校に近いところにすべてあり、電車やバスを利用することはありません。

寮で一人部屋はありますか?また部屋代はいくらです?

基本的に一人部屋はありません。ただし、入寮する人数と部屋割りによって、次の寮生が入ってくるまで、一人でその部屋を使用することはあります。例えば、「4月からは一人部屋だったけど、10月生が入ってきたら二人になった。」という場合です。そのような場合は、一人部屋ですが通常の寮費でかまいません。希望すれば一人部屋が利用できるということはありません。

民間のアパートに入れますか?

学校から民間のアパートを紹介することはできますが、「保証人」が必要な場合がほとんどです。日本国内に保証人を用意できる人でなければ、まずアパートを借りることはできないと思ってください。学校が保証人になることはできません。また、敷金・礼金が家賃の3ヶ月程度必要となるところが多いです。
日本での暮らしに慣れていないあいだは寮に入ることをおすすめします。

学生寮の寮費はいくらですか?

光熱水費(電気・ガス・水道)と部屋代と合わせて、24,000円から28,000円です。その他に入寮の際に1年分の管理費15,000円と保険代3,000円が必要です。1.5年コースの場合は最初に1年分支払い、1年後に残りの半年分7,500円と1,500円を支払います。
なお、寮費は入学前に6ヶ月分支払わなければなりません。